群馬の古書店に男性遺体 殺人事件で捜査

 男性の遺体が見つかった古書店=15日午前10時50分、群馬県沼田市

 14日午後11時50分ごろ、群馬県沼田市高橋場町の古書店で男性が倒れていると119番があった。沼田署員らが、男性が血を流して死亡しているのを現場で確認。男性は古書店経営者の兄で、同店店員斎藤康盛さん(59)=同市奈良町=と判明した。同署は状況から殺人事件として捜査を始めた。司法解剖をして死因や遺体の状態を調べる。

 沼田署によると、店は14日は午前10時から午後9時まで営業していた。帰宅が遅いことを斎藤さんの妻が不審に思い、様子を見に行き発見した。

 現場は関越自動車道沼田インターチェンジの西約500メートルで、住宅と大型店舗が混在する一角。

共同通信社 2019年10月15日 無断転載禁止