「転売禁止は無効」と提訴、大阪 USJチケット巡りNPO

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)がチケットの転売やキャンセルを認めないのは消費者契約法に基づき無効だとして、NPO法人「消費者支援機構関西」(同市)は16日、利用規約の一部差し止めを求めて大阪地裁に提訴した。

 訴状によると、USJは規約で転売を「営利目的の有無にかかわらず、すべて禁止」と規定。キャンセルについても「種別、理由のいかんにかかわらず一切できない。法令上の解除または無効事由がお客様に認められる場合はこの限りではない」と定めている。

共同通信社 2019年10月16日 無断転載禁止