東北や東日本、大雨警戒 18日以降、前線の影響で

 気象庁は16日、低気圧や前線の影響で18日から19日にかけて、東北や東日本で大雨になる可能性があり、台風19号の被害が大きかった地域では少しの雨で洪水や土砂災害の危険性が高まるとして、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、18日以降、本州付近に北上する前線上に低気圧が発生し、北東に進む見込み。東北や東日本では、まとまった量の雨が予想されており、低気圧の発達の規模が大きくなれば、大雨になるとみられる。

共同通信社 2019年10月16日 無断転載禁止