24都府県で1598校被害 文科省調査、浸水や雨漏り

 文部科学省は17日、台風19号の影響により、24都府県の国公私立小中学校や高校、大学など1598校で校舎への浸水や雨漏りなどの被害が確認されたと発表した。

 被害報告が多かったのは、千葉513校、神奈川208校、宮城144校、岩手141校など。学校種別では小学校606校、中学校350校、高校398校だった。

共同通信社 2019年10月17日 無断転載禁止