医学部不正入試、順天堂大を提訴 受験料返還求め消費者団体

 順天堂大(東京)医学部の不正入試問題で、特定適格消費者団体「消費者機構日本」は18日、順大が受験生に受験料などを返還する義務があることの確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 消費者裁判手続き特例法に基づく提訴で、既に東京医科大についても同様の訴訟が東京地裁で係争中。勝訴が確定すれば、受験生への返還手続きに移る仕組みだ。

 訴状によると、2017、18年に不合格となった女性と浪人生の受験料や宿泊費、交通費などの返還義務があるとしている。救済対象は延べ3千人程度と見込んでいる。

共同通信社 2019年10月18日 無断転載禁止