台風20号、北上の恐れ 最新の進路予想に注意を

 台風20号は今後沖縄に接近し、22日午後3時までに温帯低気圧に変わって列島南岸を東に進む見通しだ。天候に影響が出る恐れがあり、最新の進路予想に注意が必要だ。

 気象庁によると、台風は18日午前3時、フィリピンの東で熱帯低気圧から変わった。同日午後3時現在、沖縄の南でほとんど停滞。中心気圧は千ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。中心から半径220キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

共同通信社 2019年10月18日 無断転載禁止