福島・郡山市で青酸ソーダ流出 メッキ工場、基準の150倍超

 福島県郡山市は19日、台風19号による阿武隈川の氾濫で、市内のメッキ工場から猛毒のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流出したと発表した。工場外の側溝から排出基準の150倍超が検出された。16日に同じ毒物の流出を確認したのとは別の工場。現時点で、健康被害は確認されていない。

 郡山市によると、流出があったのは同市富久山町福原のメッキ加工会社「サンビックス」の第2工場。工場や周辺は川の氾濫で大規模な浸水被害が出た。浸水によって工場の廃液槽から漏えいした可能性がある。

 シアン化ナトリウムは金属のメッキなどに用いられる。

共同通信社 2019年10月19日 無断転載禁止