正殿の儀「高御座」を公開 22日に向け準備大詰め

 公開された「即位礼正殿の儀」で使われる「高御座」(左)と「御帳台」=19日午後、宮殿・松の間

 宮内庁は19日、「即位礼正殿の儀」(22日)が執り行われる皇居・宮殿「松の間」を報道陣に公開した。天皇陛下が立って即位を宣言される玉座「高御座」や、皇后さまが立つ「御帳台」の組み立ては完了。儀式の準備は大詰めを迎えている。

 高御座は天孫降臨神話に由来し、即位を象徴する調度品。高さ約6・5メートル、重さ約8トン。黒漆塗りの壇の上に八角形の屋根が据えられ、黄金色に輝く大小の鳳凰などの金具細工で飾られている。

 紫と赤の帳で囲われた内側には、畳の上に椅子や三種の神器などを安置する台があり、上部には陛下を照らす多数のLEDライトや、声を拾うマイクも取り付けられた。

共同通信社 2019年10月19日 無断転載禁止