20号が「強い台風」に 21日にかけて沖縄接近

 台風20号の予想進路(19日21時現在)

 台風20号は19日午後9時の観測で「強い台風」に変わった。22日にかけて沖縄の南から九州の南に進む見通し。四国沖に達する同日午後9時までに温帯低気圧に変わり、本州南岸を東に向かうとみられる。各地に影響を及ぼす可能性があり、今後の進路に注意が必要だ。

 気象庁によると、台風は19日午後9時現在、ゆっくりと北に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。

 また19日午後9時、トラック諸島近海で熱帯低気圧が台風21号に変わった。時速25キロで西に進んだ。23日夜には「非常に強い」勢力になって小笠原近海に達する見通し。

共同通信社 2019年10月19日 無断転載禁止