上皇后さま85歳、台風案じ 手術後は順調、年明けに転居

 5月の天皇陛下の即位儀式や一般参賀などの写真を見られる上皇ご夫妻=16日、皇居・吹上仙洞御所の応接室(宮内庁提供)

 上皇后美智子さまは20日、85歳の誕生日を迎えられた。9月に乳がんの手術を受けたが、順調に回復しており、現在はホルモン療法を続けている。台風19号による甚大な被害に心を痛め、上皇さまと共に、被災地の様子を案じているという。

 宮内庁によると、上皇ご夫妻は来年1月から3月までの間に、長年暮らした皇居から高輪皇族邸(東京都港区)に転居する予定だ。

 昨年までは誕生日に当たり、宮内記者会の質問に文書で回答を寄せたが、今年からなくなった。誕生日当日は住まいの吹上仙洞御所で、天皇、皇后両陛下や皇族らからお祝いを受ける予定だったが、台風19号の被害に配慮し、取りやめた。

共同通信社 2019年10月20日 無断転載禁止