85歳運転、急加速し1人死亡 群馬、ベンチに突っ込む

 競輪の場外車券売り場近くのベンチに突っ込んで破損した車=20日午後、群馬県警館林署

 20日午前9時半ごろ、群馬県館林市赤生田町にある競輪の場外車券売り場の駐車場で、栃木県足利市の無職斎藤光弘さん(85)の軽乗用車が急加速して近くのベンチに突っ込み、座っていた同県小山市の建築業露久保定雄さん(66)が頭を強く打って死亡した。

 他に同県下野市の団体職員飯野守さん(57)が重傷、茨城県坂東市の建築業の男性(62)が軽傷。斎藤さんも顔面打撲などの重傷を負った。

 館林署によると、斎藤さんは身障者用の駐車スペースに車を止めようと前進した際に急加速し、掲示板に衝突した後、ベンチに突っ込んだ。同署が事故時の状況を詳しく調べている。

共同通信社 2019年10月20日 無断転載禁止