沖縄で米軍機から部品落下 嘉手納飛行場

 沖縄県の米軍嘉手納飛行場(嘉手納町など)で、MC130特殊作戦機の主脚の関連部品がなくなっていることが21日、分かった。米側は、飛行経路などから嘉手納飛行場内か海上で落とした可能性が高いと説明している。関係者によると人的被害はない。

 県や政府関係者によると、18日午前5時40分ごろ、嘉手納飛行場で点検した際にトルク管と呼ばれる部品(縦約90センチ、横約7・5センチ、重さ約3・6キロ)がなくなっていることに気付いたという。

 県には18日に防衛省沖縄防衛局を通じて米側から連絡があった。

共同通信社 2019年10月21日 無断転載禁止