滋賀の元看護助手、再審無罪へ 呼吸器外し、検察新たな立証せず

 記者会見を前に笑顔を見せる西山美香さん(左)。右は井戸謙一弁護団長=23日午前、大津市 西山美香さん

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者=当時(72)=を殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役後に再審開始が決まった元看護助手西山美香さん(39)の再審公判で、検察側が新証拠による立証をしない方針を書面で示したと、弁護団が23日記者会見し明らかにした。西山さんが無罪となる公算が大きくなった。

 井戸謙一弁護団長は会見で「再審公判で早期に無罪判決を出させるために、検察側が方針転換をしたと考えている。事実上、無罪は確実になったのでは」と話した。西山さんは「無罪判決をいち早く言い渡してほしい」と述べた。

共同通信社 2019年10月23日 無断転載禁止