元俳優の新井浩文被告に5年求刑 東京地裁、12月2日判決

 新井浩文被告

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)の公判が23日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれ、検察側は懲役5年を求刑した。新井被告は無罪を主張して結審。判決は12月2日に言い渡される。

 検察側は論告で「部屋は暗く、体格差もあり、物理的心理的に拒絶は困難だった」と指摘。性交後に新井被告が女性に金銭を渡したことから「女性の意思に反していると十分認識していた」と述べた。

 弁護側は、女性の抵抗を著しく困難にする暴行はしておらず、強制性交罪に問われる要件は満たしていないと反論した。

共同通信社 2019年10月23日 無断転載禁止