女子ログ 運動会のカメラ

 もっといい品物を買っておけば良かったと思っていても、ついつい忘れてしまう。そして、また必要に迫られる場面が訪れる。よくあることなのだが、その度にあーっ、買っておくつもりだったのに、なんで思い出さなかったんだろう、と後悔を繰り返す。

 と、いつも思うのがこの秋。運動会の季節だ。親御さんたちは、結構しっかりとしたビデオや望遠レンズ付きのカメラを持っていらっしゃる。三脚を使っておられる人もいて、本格的だ。

 一方、こちらは決して最新型ではないスマートフォンだ。もしかしたら上手に撮影できる方法はあるのかもしれないが、残念ながら熟知していない。100メートル走やリレーで子どもにレンズを向けてみるのだが、ぶれた写真ばかりでなかなか思い通りには撮れない。動いているものを撮るのって、こんなに難しいんだ、スポーツの写真を撮る人ってすごいんだ、と感心しつつ、子どもの姿をちゃんと撮影できず、歯がゆさばかり感じてしまう。

 子どもの成長の記録を残しておこう。そうだ、今度ボーナスが出たらビデオカメラを買いに行くぞと決意するのだが、いざボーナスが出ると、もう少し優先度の高い買い物が必ず登場する。ま、そのうちにと思っていると、次の秋はすぐ来てしまうのだ。

(松江市・ブランチ)

2019年11月2日 無断転載禁止