女子ログ 紅葉より新そば

 夫とは食事の好みがそれほどピッタリ合う訳ではない。例えばラーメン店に入ると、こちらはしょうゆ味を選ぶのだが、向こうは大抵みそ味。濃いめの味付けに若干好みが偏っているので、自宅の食卓ではソースやタレなどを添えて、好みの味付けになるようにしてあげる。

 そんな夫とでも味覚の嗜好がピッタリ合うのが、この時季の新そばだ。休日が近くなると島根県東部を中心に「今週はどこへ行こうか」と、食いしん坊同士の相談が始まる。

 店に入って、打ちたてのそばが味わえたときは大満足! そうでなくてもちょっと前、昨年の粉を使っていたのと比べると、味も香りも段違いだ。

 島根県奥出雲町へもドライブする。何軒もあるおいしいそば店をはしごするのだ。せっかく遠くから来たのだから、いろいろ食べてみないともったいない。1軒あたりの注文を割子そば1、2枚に抑えておいて、複数の店を回るのだ。

 中には客が行列になっているところもあるが、評判がいい店であることの証明でもあるし、待っている間のわくわくした気持ちがまたいい。そして「おいしかった。じゃあ次行こう」。本当は紅葉見物もすればいいのに、気持ちはいつも「紅葉より新そば」だ。

(松江市・アルペジオ)

2019年11月4日 無断転載禁止