レッツ連歌(要木木純)・11月28日付

○お化粧に妻が格闘一時間

 もとが悪けりゃどうしようもない    (益田)兼子哲彦

 大きなマスクで顔を隠して       (松江)持田高行

 無駄遣いとは言うに言われず      (安来)根来正幸

 どこが変わった聞いてみたいガー    (出雲)吾郷寿海

 決して中を見ないでください      (美郷)尾原典子

           ◇

 男性陣の付句はずいぶんひどい悪口や嫌みですが、奥さんへの愛情があればこその面白さがあります。でも、だんだんと、そんな言い訳は通用しない時代になりつつありますね。数年後は、私も選ぶのに躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。だから、今のうちに掲載しておくことにします。これらの句に付句をする人は奥さんや家庭の話題から離れてくださいね。典子さんは、鶴の恩返しの話をうまく詠み込んでいます。

           ◇

○不特定多数の世界それもよし

 迷い込んだら出口分からず      (大田)杉原サミヨ

○警視庁捜査一課の取調べ

 はなからずっと聞こえないふり    (美郷)吉田 重美

 録画されてちゃ蠅も追えない     (益田)石川アキオ

○この頃はいやな予感がよく当たる

 長生きしてりゃいろいろあるわさ   (江津)岡本美津子

 雨男などと呼ばれております     (松江)高木 酔子

 週末ごとに台風が来て        (松江)植田 延裕

 体重計に乗るまでもなく       (松江)小谷由紀子

○五年後の自分のことが思われて

 一寸先は闇というのに        (益田)石田 三章

○単身の身につまされる流れ星

 父さん今も昭和基地かい       (松江)早川 幸壽

 一筆啓上お仙泣かすな        (江津)花田 美昭

○咲かせます世界に一つだけの花

 先ずはまわりの草をとりなよ     (雲南)福場 仁一

○最愛の夫は先に往生し

 しかたがないと飲む二人分      (松江)田中 堂太

 電話してみる初恋の人        (松江)相見 哲雄

○なぜかしら五キロも痩せているワタシ

 ぽっこりおなかは居座ったまま    (浜田)勝田  艶

○交通費宿泊費等自己負担

 本命ならばきっと来るはず      (雲南)錦織 博子

○風呂上がりノックに迷う旅の宿

 彼は私とわかるだろうか       (美郷)芦矢 敦子

 さされたままの鍵をみつけて     (出雲)野村たまえ

○駒一つないことくらい分かります

 相手によって変身をする       (浜田)滝本 洋子

○知ってるよ君の心の宝石を

 女子全員に言ってたらしいぜ     (益田)吉川 洋子

 くすぐったくてくすぐったくって (出雲)はなやのおきな

○人生で一度限りのライト浴び

 かね二つでもすごい声援       (浜田)山崎 重子

 深くお詫びを申し上げます      (松江)岩田 正之

○神々は岩戸の前で思案顔

 ロックで行くかドジョウすくいか   (出雲)行長 好友

 出雲へ出張旅費が不足し       (出雲)石飛 富夫

○意外にも次郎吉さんは几帳面

 ここに受け取りはんこください    (飯南)塩田美代子

           ◇

(挿絵・Azu)
 下房桃菴先生がしばしば指摘されますように、七七の短句の下の句の七字は、四字(拍)+三字(拍)にならないようにしてください。落ち着きが悪いからとしか、言いようがないのですが。四字+四字の字余りならいいです。今回も手を入れさせてもらった句があります。どれか分かるかな。次は、きょうの入選句の中から、前句を選んで付けてください。五七五になります。

 さて、その桃菴先生から、ご伝言。2020年「レッツ連歌新春特集」の前句は、

  新春の興行祝う鏡割り

です。12月12日付のレッツ連歌で改めてお知らせがありますが、七七の付句を、早めにお考えおきください。

(島根大教授)

2019年11月28日 無断転載禁止

こども新聞