記事に入れたい六つのこと 雑賀小3年生

雑賀小で新聞教室
 本年度NIE実践指定校の雑賀小学校で28日、3年生27人が記事を書くときに大事な言葉や文章を見つけるこつを学ぶため、山陰中央新報社の水野幸雄NIE担当から話を聞いた。

 児童は、新聞は記事、見出し、写真(図)で構成されていることや、記事を書くときはリードに「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように、どうした」の六つの大事なことを頭に入れながら、逆三角形のスタイルにまとめると教わった。この後、実際に今回の新聞教室を記事にすることにも挑戦した。

2019年11月30日 無断転載禁止

こども新聞