女子ログ うまく言えない

 人前で話すのが得意ではない。フランクに話す分にはいいんだが、社内の会議とか、仕事の相手を前にすると、上手に話そうとしすぎるからだろう。「えー」「ですから」「それと」などと言いながら、自分の頭にある数少ない言葉の引き出しから、一番いい言い回しはないか探しながしゃべるので、テンポは悪くなる一方だ。これで内容がついていかないと、話し終えた後、自分でも「あー、またやっちゃった」と嫌になる。

 自分と同じような話し方をする人は、周囲にも結構いたりする。その人の話を聞いているとうまく言えない自分の姿を見ているような気持ちになり、「もっとこういえばいいのに」と、助け舟を出してあげたくなる。自分と同じような人の欠点って、こんなによく見えてしまうもんなんだとつくづく思う。でも、かといって、自分自身の欠点が改まるわけでもないのが悩ましい。

 仕事先で自分がミスをして、おわびに行った時のことだった。本当に悪かったと思い、相手に対してフォローをしようと、その事ばかりを考えて話した。上手に言おうなんて気もさらさらなかった。すると「えー」「ですから」などという言葉は不思議と出なかった。もしかしたら、私に足りないのは一生懸命さなのだろうか。

(米子市・キンコ)

2019年12月2日 無断転載禁止