ヤンキース田中が慈善イベント 11月にキャッチボール再開

 サンタクロース姿で慈善イベントに参加したヤンキースの田中=2日、神宮球場室内練習場

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が2日、東京都の神宮球場に隣接する室内練習場で慈善イベントに参加し、20人の子どもたちと交流した。10月に右肘の骨棘除去手術を受けたが、11月下旬にキャッチボールを再開したと言い、来年2月のキャンプに向け「何も心配はしていない」と話した。

 9月の台風15号と10月の台風19号で被災した千葉県の少年野球連盟に150万円分の野球用具を寄付する。サンタクロース姿で登場した田中は「子どもと一緒にいいイベントにできた」と笑顔だった。

共同通信社 2019年12月2日 無断転載禁止