全国高校駅伝 山陰勢の成績

平田の1区今岡宥莉香(左)からたすきを受け取り、走りだす2区来間美月=平野神社前、第1中継所
 全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第70回記念大会の男子(7区間、42・195キロ)は出雲工が2時間11分32秒で57位、鳥取城北は2時間10分35秒で56位だった。第31回の女子(5区間、21・0975キロ)は平田が1時間14分39秒で40位、鳥取城北は1時間16分50秒で46位に終わった。

 男子は各地区代表の11校を加えた58校、女子は都道府県代表の47校が争った。


女 子

 平田40位、鳥取城北46位

 【評】平田、鳥取城北ともに目標の30位台に届かなかった。

 平田は1区今岡宥が出遅れ、区間39位でたすきリレー。3区松原の区間33位の走りなど終始粘り、40位台前後でレースを展開した。

 鳥取城北は1区石井の遅れを、モンゴル人留学生の2区ノミンが4人を抜く好走で取り戻した。3区以降は流れに乗りきれなかった。


男 子

 出雲工57位、鳥取城北56位

競り合いながらラストスパートをかける鳥取城北のアンカー辰己堪一(左)=たけびしスタジアム京都
 【評】鳥取城北と出雲工はハイレベルの戦いの中、力が及ばなかった。

 鳥取城北は終始苦しいレースが続いた。1区林本が区間47位でつないだが、2区以降徐々に順位を落とし。浮上できなかった。

 出雲工は1年生の1区伊藤が区間50位ながら集団に何とか食らい付いて流れをつくり、2区小瀧が順位を四つ上げた。後続が粘りきれなかった。

2019年12月23日 無断転載禁止