スサマジ接戦制す 25日第24戦Bリーグ1部

【第24戦・島根-滋賀】第2クオーター、シュートを放つ島根のロバート・カーター=ウカルちゃんアリーナ
 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区最下位(6位)の島根スサノオマジックが25日、大津市のウカルちゃんアリーナで第24戦を行い、西地区4位の滋賀レイクスターズを85-84で下した。連敗を2で止め、通算8勝16敗。京都ハンナリーズを抜き、5位となった。

 前半に大きくリードしながら第4クオーター終盤に逆転を許す嫌な流れとなったが、山下泰弘の3点シュートなど勝負どころで決めて競り勝った。

 第25、26戦は29、30の両日、アウェーの沖縄市体育館で西地区2位の琉球ゴールデンキングスと対戦する。





  


  ◇第24戦(25日・ウカルちゃんアリーナ、1702人)

   島  根  85 23-21 84 滋  賀

   8勝16敗    26-14    10勝14敗

            17-26

            19-23

 【評】島根は要所でシュートが決まり、競り勝った。

 前半は素早いボール回しでフリーの選手をつくり、カーターが4本、北川が2本の3点シュートを決めるなど49-35で折り返した。

 後半は相手の激しいプレスでシュート精度が落ち、第4クオーター残り1分9秒に79-81と逆転された。山下の3点シュートで再逆転し、一度は追いつかれるも残り12秒、カーターのミドルシュートで勝ち越し。残り3秒にクウェリがフリースローを1本成功させ、突き放した。

2019年12月26日 無断転載禁止