桜見る会、首相「虚偽答弁ない」 辞任要求に反論、参院代表質問

 参院本会議で答弁する安倍首相=23日午前

 安倍晋三首相は23日午前、参院本会議での代表質問で、首相主催の「桜を見る会」を巡る問題に関し「国会などの場で可能な限り説明している。隠し立てや虚偽答弁との指摘は当たらない」と強調した。立憲民主党の福山哲郎幹事長が「全ての混乱の責任は首相にある」として辞任を求めたことに反論した。

 福山氏は、桜を見る会の私物化疑惑とずさんな公文書管理について重ねて追及。首相は従来の答弁を繰り返す一方、国民からの批判を認め「真摯な反省の上に今後、私自身の責任で、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行う」と言明した。

共同通信社 2020年1月23日 無断転載禁止