「トランプ氏は法犯さず」 米弾劾、弁護団反論最終日

 米上院の弾劾裁判で発言するトランプ大統領のセクロー弁護士(上院テレビ提供、AP=共同)

 【ワシントン共同】米上院の弾劾裁判で、トランプ大統領の弁護団は28日、3日目の冒頭陳述を実施し「大統領は何の法も犯していない」と強調、改めて無罪を主張した。弁護団の冒頭陳述は終了。29、30両日に陪審員役の上院議員による質疑を行った後、野党民主党が求めるボルトン前大統領補佐官らの証人尋問を認めるかどうか採決で決める予定。

 登壇したセクロー弁護士は28日、下院の弾劾調査で昨年、ウクライナ疑惑を裏付ける証言をした政府高官らについて「トランプ氏の政策を嫌っている者たちだ」と主張。「政策が気に入らないからと言って、大統領を罷免してはならない」と主張した。

共同通信社 2020年1月29日 無断転載禁止