米大統領選、民主候補11人に ブルームバーグ氏上昇

 米ワシントンの選挙イベントで発言するブルームバーグ前ニューヨーク市長=1月30日(ゲッティ=共同)

 【デモイン共同】11月の米大統領選で、野党民主党のデレイニー元下院議員(56)は1月31日、党候補指名争いからの撤退を表明した。2月3日の指名争い初戦、中西部アイオワ州党員集会を前に候補は11人となり、絞り込みが進む。昨年11月下旬に出馬表明がずれ込んだブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が徐々に支持率を上げている。

 アイオワ州党員集会では、約1700カ所の各会場での得票率が15%に達しない場合、その会場での得票がゼロとなる仕組み。米メディアによるとデレイニー氏は、アイオワを中心に選挙戦を展開してきたが、支持率は低迷したままで、撤退を余儀なくされた。

共同通信社 2020年2月1日 無断転載禁止