米市民、大統領弾劾無罪に賛否 トランプ氏の動き警戒

 弾劾裁判が開かれた米連邦議会議事堂前で、トランプ大統領に抗議する人たち=5日、ワシントン(共同)

 【ニューヨーク共同】トランプ米大統領の弾劾裁判で無罪評決が出たことを受け、市民の間では5日、賛否の声が交錯した。

 「トランプは弾劾されるべきだった」。ニューヨーク在住で民主党支持の弁護士ゲール・ディックさん(54)は、悔しさを隠さない。弾劾訴追のきっかけとなったウクライナ疑惑について無罪のお墨付きを得たことで、トランプ氏は「ますます大胆になり、(11月の)大統領選で汚い手段を使うことをいとわないだろう」と警戒する。

 一方、無党派の建築家クリス・バーネットさん(47)は「無罪評決に賛成だ。弾劾の根拠は薄弱だった」と冷静に語った。

共同通信社 2020年2月6日 無断転載禁止