大阪環状線で自動走行試験 JR西、今月から

 JR西日本が大阪市中心部を周回する大阪環状線で、今月から自動運転による電車の走行試験を始めた。将来の運転士不足を見据えたもので、運転制御機能などを確かめる。試験期間や実用化のめどは未定という。

 終電後に1編成の電車を使用し、線路上と車両の双方に自動運転を可能にする装置を設置して実施。走行中の位置情報を読み取り、速度を自動調節する。運転士が運転席に座るが操作はせず、走行状況を見守る。

 JR西では2019年4月時点で55歳以上の社員が約26%を占める。今後、大量退職などによる運転士不足が想定され、運転資格のない乗務員でも対応可能になると期待されている。

共同通信社 2020年2月6日 無断転載禁止