帰国第4便が羽田出発 中国籍配偶者ら搭乗

 中国・武漢へ向け羽田空港を出発する政府のチャーター機第4便=6日夜

 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中国・武漢に滞在する邦人らを帰国させる日本政府のチャーター機第4便は6日夜、羽田空港を出発した。中国籍の配偶者らを含め200人程度が搭乗し、7日午前に武漢を出発。同日午前中に羽田空港に到着する予定だ。

 チャーター機第4便には中国への支援物資として、マスクや防護服なども積載。茂木敏充外相は6日の自民党派閥会合で「帰国を希望する湖北省在住の邦人と配偶者を含め、大半の方が帰国できる形になる」と説明した。

共同通信社 2020年2月6日 無断転載禁止