新型肺炎の死者、SARS超える 中国811人に、封じ込め難航

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 【北京共同】中国国家衛生健康委員会は9日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる死者が中国本土で89人増え、計811人になったと発表した。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の世界全体の死者数774人を超えた。中国や各国は隔離や検疫による対策を急いだが、大規模な流行を防げず、封じ込めは難航している。

 感染者も増え、累計で3万7198人となった。感染者のうち重症者が約6100人、感染疑い例は2万9千人近くおり、被害の拡大が続いている。

 被害が最も深刻な湖北省では死者が780人、感染者は2万7100人に達した。

共同通信社 2020年2月9日 無断転載禁止