首里城、復元に向け工事に着手 足場設置、全焼建物を解体へ

 首里城の奉神門の屋根などを撤去するため、足場を設置する作業員=10日午後、那覇市

 内閣府沖縄総合事務局は10日、那覇市の首里城で、火災で焼失した建物の復元に向けた工事に着手し、報道陣に公開した。今春の大型連休には現場を一般公開する予定で、まずはがれきを取り除き、落下の恐れがある北殿の天井材や焼けた奉神門の屋根を撤去する。

 この日は北殿内部と奉神門に足場を設置し、北殿前で散乱した瓦を集めて袋に詰めるなどした。がれきを撤去する重機も、火災後初めて正殿前の中庭(御庭)に入った。今後、全焼した北殿と南殿・番所、黄金御殿の解体を進める。

 作業手順としては、御庭のがれきを移動させ、建物を解体して建築資材を置くスペースを確保する。

共同通信社 2020年2月10日 無断転載禁止