辺野古サンゴ採捕許可せず 沖縄県、農相勧告に回答

 沖縄県は10日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域で見つかった小型サンゴ類について、移植のための特別採捕を許可するよう求めた農相の勧告に対し、認めないと回答したことを明らかにした。

 農相は1月31日、防衛省沖縄防衛局の採捕申請を許可しないのは漁業法と水産資源保護法に違反しているとして、2月10日までに許可するよう勧告していた。

 沖縄防衛局は昨年4月と7月に計約3万9600群体の特別採捕許可を申請したが、玉城デニー知事は判断を先送りする方針を示していた。辺野古移設を巡っては、県と国の間で訴訟が続いている。

共同通信社 2020年2月10日 無断転載禁止