ペイペイ詐欺疑いで女逮捕、大阪 画面不正操作し決済額変更

 大阪府高槻市の書店でスマートフォン決済「ペイペイ」を使って支払いをする際、決済完了直前に画面で金額を変更して漫画をだまし取ったとして、高槻署は12日、詐欺の疑いで、高槻市に住む専門学校生の女(20)を逮捕した。同日釈放し、任意で捜査を続ける。

 署によると、同様の決済サービスで、スマホ画面の操作による不正を摘発するのは全国的に珍しい。「店員の隙を見てやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月30日、ペイペイで決済する際、商品代金8078円を決済額としてスマホに入力した画面を店員に見せた後、807円に変更して決済し漫画13冊をだまし取った疑い。

共同通信社 2020年2月12日 無断転載禁止