故郷・飯南で創作 次世代担う気鋭の油絵画家

展示会に向けて準備を進める八嶋洋平さん=島根県飯南町野萱
 故郷の島根県飯南町を拠点に創作活動を続ける気鋭の油絵画家がいる。プラスチック製の人形をモチーフに、人間の内面に迫る作品を制作する八嶋洋平さん(34)=島根県飯南町野萱。2018年、次世代の美術界を担う若手の登竜門となる「上野の森美術館大賞展」で、最高賞の絵画大賞を受賞。ネガティブな感情を表現した作風が注目を集めている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月13日 無断転載禁止