川崎重工社長、橋本氏が昇格 6月、金花氏は会長に

 社長昇格人事の発表を受け、記者会見する川崎重工業の橋本康彦取締役常務執行役員=13日午後、東京都内

 川崎重工業は13日、橋本康彦取締役常務執行役員(62)が社長に昇格する人事を発表した。6月下旬の株主総会を経て就任する。金花芳則社長(65)は代表権のある会長となる。橋本氏は精密機械・ロボット部門出身で、今後の成長分野として事業拡大を図る。

 橋本氏は東京都内で開いた記者会見で「ロボット技術はいろんな技術に応用できる。新サービスにつなげたい」と意気込みを語った。

 橋本 康彦氏(はしもと・やすひこ)東大卒。81年川崎重工業。執行役員などを経て18年6月から取締役常務執行役員。神戸市出身。

共同通信社 2020年2月13日 無断転載禁止