NY株続落、25ドル安 新型肺炎の懸念

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=14日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型肺炎への懸念から、前日比25・23ドル安の2万9398・08ドルと続落した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、世界経済の先行き不透明感が根強かった。投資リスク回避のための売りが優勢となり、前日からの下げ幅は一時140ドルを超えた。ただ好業績の銘柄には買いも入り、下げ渋った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は19・21ポイント高の9731・18と過去最高値を更新した。

 銘柄別では、ITのIBMや建設機械のキャタピラーが下げた。クレジットカードのビザは買われた。

共同通信社 2020年2月15日 無断転載禁止