首相やじ、公明代表「こらえて」 党会合で講演、改めて自制求める

 公明党の山口那津男代表は16日、山形市で開いた党会合で講演し、国会審議で野党議員に「意味のない質問だ」とやじを飛ばした安倍晋三首相に、改めて自制を求めた。「安倍さんも厳しい質問を浴びせられて、さぞや大変だろうなと思うが、ぐっとこらえて、国民の期待や不安にきちんと応えていく決意が大事だ」と述べた。

 2009年に旧民主党に政権を奪われ、野党に下野した経験を振り返り「苦しいけれども、谷垣禎一前自民党総裁と我慢して乗り越えてきた。我慢するところは我慢することが政権を取ってからも大事だ」と語った。

共同通信社 2020年2月16日 無断転載禁止