「大阪入管で暴行」と提訴へ 収容中の日系ペルー人、賠償請求

 大阪出入国在留管理庁に収容され、制圧される日系ペルー人の男性(手前中央)=2017年12月、大阪市住之江区(弁護団提供)

 大阪出入国在留管理庁(大阪市住之江区)で2017年、収容中の日系ペルー人の男性(46)が、職員に制圧された際に暴行を受け腕の骨にひびが入ったとして、国に約200万円の損害賠償を求めて大阪地裁に近く提訴することが18日、弁護団への取材で分かった。

 訴状などによると、男性は同年12月20日昼ごろ、昼食の弁当に不満を訴えて抗議し、単独室に連れていかれた。午後9時ごろ、職員が扉を開けた際に外へ出ようとしたため押さえ付けられ、後ろ手に手錠をされたまま14時間以上放置された。翌日、左腕の骨にひびが入っていることが判明。

 大阪入管は「必要な制圧だった」としている。

共同通信社 2020年2月18日 無断転載禁止