活字に親しむ機会を 山陰中央新報東雲会、図書カード贈る

清水伸夫教育長(右)と歓談する山陰中央新報東雲会の平林茂会長(左から2番目)ら
 子どもたちが活字に親しむ機会を増やし、学力向上につなげてもらおうと、松江市内の山陰中央新報の18販売所でつくる山陰中央新報東雲会(平林茂会長)が18日、販売エリアの小学校14校に、それぞれ1万円分の図書カードを贈った。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月19日 無断転載禁止