男児墓石下敷きで書類送検、長野 業過致死容疑、元保育園長ら

 長野県高森町で2018年2月、町立保育園に通っていた原悠陽ちゃん=当時(4)=が園外保育中に墓石の下敷きになって死亡した事故で、県警は19日、業務上過失致死の疑いで当時園長だった女性(45)と引率していた保育士の男女4人の計5人を書類送検した。

 書類送検容疑は18年2月19日午前、町内の広場で園外保育中に遊ぶ範囲を広げて見守りをおろそかにし、広場に隣接する墓地で悠陽ちゃんが倒れた墓石の下敷きになり、同23日に胸部圧迫による低酸素脳症で死亡させた疑い。県警によると、全員おおむね容疑を認めている。

共同通信社 2020年2月19日 無断転載禁止