首相、地元の天然フグ堪能 「ぷりぷりして歯ごたえ」

 「下関ふく連盟」から贈られた天然トラフグの刺し身を試食する安倍首相=19日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は19日、地元の山口県下関市のフグ卸業者らでつくる「下関ふく連盟」の見原宏理事長らと官邸で面会した。大皿に敷き詰められた天然トラフグの刺し身を贈られ、数枚を箸ですくい上げて食べると「ぷりぷりしていて歯ごたえがある」と述べ、堪能した様子だった。

 今年は漁獲量が少なく高値になっていると説明を受けると「欧米からの観光客は飲食に使う金額が大きい。日本でぜひ味わってほしい」と話した。

共同通信社 2020年2月19日 無断転載禁止