キリンHDに医薬品売却を提案 英投資会社

 キリンホールディングス(HD)に株主還元策などを提案している英投資会社は19日、東京都内で開いた電話会議形式の記者会見で「医薬品事業を売却してビール事業に注力し、株主還元を強化すべきだ」と主張した。キリンHDは既に取締役会で反対を決議しており、19日に「非ビール事業の売却は将来の成長の芽を摘むことになる」との見解を発表した。

 英投資会社はインディペンデント・フランチャイズ・パートナーズ(IFP)で、約2%のキリンHD株を保有する。1月にキリンHDに対し、株主還元策として総額6千億円の自社株買いなどを提案している。

共同通信社 2020年2月19日 無断転載禁止