NY株反発、115ドル高 中国の景気刺激に期待

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比115・84ドル高の2万9348・03ドルと4営業日ぶりに反発した。中国政府が景気刺激に動き、新型コロナウイルスによる悪影響が和らぐとの期待から、買いが優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は84・44ポイント高の9817・18と過去最高値を更新した。

 ダウ平均は前日までの下落を受け、値ごろ感から買いが先行。中国の景気てこ入れ策を巡る米紙報道などが好感され、一時は前日からの上げ幅が170ドルを超えた。

共同通信社 2020年2月20日 無断転載禁止