竹島題材ラジオドラマ 隠岐の島・西郷中で朗読会

竹島を題材にしたラジオドラマを朗読する有志=島根県隠岐の島町栄町、西郷中学校
 竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))を題材にし、1953年ごろに執筆されたラジオドラマ脚本「人のいる無人島」の朗読会が19日、島根県隠岐の島町栄町の西郷中学校であった。領土問題を学ぶ3年生43人が、竹島上陸を目指す日本人記者と韓国人漁師の触れ合いを描いた物語に聴き入り、日韓両国の領有権に対する認識の隔たりや背景について考えた。

 竹島でのアシカ猟を描いた絵本「メチのいた島」の作者で同町久見の杉原由美子さん(76)が、鳥取市内で見つかった脚本を元に発案し、常角敏さん(61)ら元教員4人が読み手として参加した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年2月20日 無断転載禁止