人口密度

 基礎自治体で人口密度が全国で2番目に高い東京都中野区に以前、10年ほど住んでいた。1平方キロ当たりの人口密度は2万1503人(1月現在)。昼間の歩道は自転車と通行人であふれ、学童保育の園庭を兼ねた公園は、ホームレスの居場所でもあった▼新型コロナウイルスで経路不明の感染者が確認された昨今、転居していなかったら…と考えるようになった。今月初めに上京した際、都内に勤務する知人から「島根にあれば買って送ってほしい」と千円を渡されたのがきっかけ。マスクを送る確証のない人物に先払いまでして頼むとは、都会地の危機感は相当なものだ▼翻って、現在暮らす浜田市の人口密度は市全域で77人(同)。移動手段は自家用車、行列や人混みの中にいる機会は少ない。今年に入り、浜田市が3度もテレビ朝日系の番組で取り上げられた▼人気番組「ポツンと一軒家」では集落で最後の世帯となりながら、幸福感の伝わる高齢者世帯が2回にわたって放送された。地方へのUターン者を取り上げる「人生の楽園」では、同様に山深い場所で韓国料理店「マンナム」を営む夫婦の穏やかな生活が映った▼舞台はいずれも浜田市弥栄町。人口密度は12人(同)とさらに少ない。高齢化や交流人口の少なさは課題だが、都会地の視聴者には人の少ない山里がユートピアに見えたのではないか。東京一極集中のリスクを考えるべき時が来た。(釜)

2020年2月20日 無断転載禁止