札幌市で新たに男性感染 雪まつりで別の感染者接触

 北海道と札幌市は20日、市内在住の40代の男性会社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は日本国籍で、容体は重くないとしている。道内での感染者は5人目。

 発表によると、男性は今月1日~12日の間、18日に感染が確認された40代男性とさっぽろ雪まつり会場に設けられたプレハブ小屋で一緒に事務作業に従事していたという。

 道内では1月に中国湖北省武漢市から観光に訪れた40代女性が感染しているのが確認されて以降、19日までに札幌市内の50代と40代の男性2人、道南部の渡島総合振興局管内に住む60代男性の感染が確認されている。

共同通信社 2020年2月20日 無断転載禁止