JFLが第1、2節延期 第3節以降は開催予定

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本フットボールリーグ(JFL)は27日、第1、2節を延期すると発表した。松江シティFCの第1節は3月15日、第2節は同21日の予定だった。同28、29の両日にある第3節以降は開催する方向だが、状況によっては延期の可能性があるとしている。

 JFLは、政府が感染拡大防止のためにスポーツやイベントの自粛を求めたことを受けて急きょ、全16クラブの代表者などが務める理事、監事に文書で延期を打診。26日までに全員から了解を得た。

 松江シティは3月15日の第1節がアウェーのみやぎ生協めぐみ野サッカー場(宮城県利府町)でソニー仙台FC(宮城)と、同21日の第2節はホームの松江市営陸上競技場で鈴鹿ポイントゲッターズ(三重)と、それぞれ対戦する予定だった。

 松江シティの実信憲明監督は「早く収まって、安心して試合を見てもらうのが一番」と延期判断に理解を示した。開幕が先延ばしになった形で、垣根拓也主将は「待ち遠しいが仕方がない。チームとして連係などを磨いておきたい」と話した。

2020年2月28日 無断転載禁止