松江の観光、宿泊施設 再開への舞台裏動画公開

堀川遊覧船の乗船場で手すりを塗り直す職員(ユーチューブから)
 新型コロナウイルスの感染拡大で営業を自粛する松江市内の観光、宿泊施設が、再開に向けた準備を進める舞台裏のドキュメントを動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。企画した松江観光協会の担当者は「観光客の『行きたい』という気持ちを高めたい」とし、コロナ後の観光客復活につなげる。

 動画は、静寂に包まれた施設の様子や営業再開に向けた準備作業のシーンなどを2分ほどにまとめた。玉造温泉街や松江城など計7本を撮影。丁寧な清掃や接客研修でおもてなしの心を磨く、施設側の誠意を伝える内容となっている。

 堀川遊覧船は、乗船場の手すりを塗り直す職員の姿や、屋根を畳んだ船が整然と並ぶ様子を映した。

 美保神社(松江市美保関町美保関)は感染症の終息を神職が祈念する祝詞を映像に収めた。玉造温泉街では足湯の清掃、旅館の従業員が接客研修する様子を撮影し、関係者が次々と登場して「みんなでお待ちしています」とメッセージを送って締めくくる。

 動画はユーチューブの「松江観光公式チャンネル」などで視聴できる。

 松江観光協会の伊藤竜男事務局長は「普段あまり見られない様子が収められ、親しみが出ると思う。外出する機会が限られる中で情報を伝えたい」と話した。

2020年5月19日 無断転載禁止