ブラジルもWHO脱退示唆 感染統計の発表、深夜に遅らせる

 官邸のアルボラーダ宮殿前で取材に応えるブラジルのボルソナロ大統領=5日、ブラジリア(ゲッティ=共同)

 【サンパウロ共同】ブラジルの右翼ボルソナロ大統領は5日、世界保健機関(WHO)が「思想的偏りなく仕事をしないなら、われわれも脱退を検討する」と記者団に述べた。ボルソナロ氏が傾倒するトランプ米大統領は先月末、中国寄りだと批判するWHOからの脱退を表明している。

 また地元紙コレイオ・ブラジリエンセ(電子版)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、ボルソナロ氏が感染者や死者の統計発表を、視聴率が高い夜のニュースの時間帯に間に合わなくするために深夜に遅らせるよう指示していたと報じた。

共同通信社 2020年6月6日 無断転載禁止