紙面構成の工夫知る 中央小5年生

中央小で新聞教室
 5年生62人が27日、新聞の役割、紙面の構成などを山陰中央新報社の水野幸雄NIE担当から学んだ。

 新聞の役割について水野担当は「読者が知りたい、読者に知らせたいことを教える」と話した。記事は、要点を少ない文字数で表した「見出し」、重要な内容をまとめた第1段落の「リード(前文)」、詳しく説明する2段落以降の「本文」の構成になっており、読者が読みやすいよう工夫がしてあると説明した。

2020年7月28日 無断転載禁止

こども新聞