レッツ連歌(要木木純)・11月26日付

(挿絵・Azu)
○家に帰れば尻に敷かれて
何くれとかまってくれるうちが花 (出雲)吾郷 寿海
人前じゃいつも愚妻と紹介し   (江津)花田 美昭

○居心地がいい便座のぬくもり
いつだって優しく迎えてくれますの(美郷)芦矢 敦子

○運がいいのも実力のうち
鉄砲は下手でも数を打ちゃあたる (江津)岡本美津子

○親の世話する前に子の世話
軒下に毎年やってくるつばめ   (江津)江藤  清

○顔くもらせる上野介
パワハラをしかと反省いたします (松江)野津 重夫
いじめたら仕返しされると子に教え(松江)今井 ヒロ
女房はとっくにリモート始めてる (大田)加藤 妙鳳

○着ていく服がないと言いだし
爺ちゃんが俺のタンスをかき混ぜて(出雲)石飛 富夫

○じいさん一人猫も一匹
監督の演技指導を聞きもせず   (出雲)飯塚猫の子
一つだけ言いたいことがあるんだよ(松江)川津  蛙
オレオレを話し相手に長電話   (松江)田中 堂太
婆さんや国勢調査違うでや    (益田)石川アキオ

○自給自足で満天の星
爺さんもその爺さんも打った畑  (出雲)はなやのおきな
ご近所と物々交換できる仲    (美郷)源  瞳子
凍み豆腐凍みコンニャクも乙な味 (松江)森  笑子

○大事なことはここで習った
もがいても運動会はいつもビリ  (大田)塩毛 千介

○とうとう総理まで登りつめ
早々と女性問題発覚し      (川本)高砂瀬喜美
俯瞰的総合的に選ばれて     (出雲)行長 好友

○特技なしでも絶好調です
おやじギャグおじ様ギャグに昇格し(浜田)酒井 由美

○泣くまで待つと決めた家康
歴史好き子には重荷の名を付けて (沖縄・石垣)多胡 克己
オンラインゲーム果てなし夜が明けて(出雲)岩本ひろこ

○恥ずかしながら帰還しました
あなたこそコロナに勝った勇者です(松江)小谷由紀子

○北極星のような存在
ストイック私の辞書にない言葉  (出雲)野村たまえ
日本にいるかもしれぬ救世主   (松江)相見 哲雄

○ぼける暇などあるはずもなし
還暦で想定外の子が生まれ    (浜田)勝田  艶
子と孫にスマホ持たされ四苦八苦 (出雲)萩  哲夫
悶々とのたうち回る締め切り日  (浜田)山崎 重子

○もう一度だけ逆らってみる
何で俺お風呂がいつも最後なの  (雲南)福場 仁一
渋滞にナビより勘で曲がる道   (益田)可部 章二

          ◇

 前回、田中堂太さんの「朝寝して飯を食ったら昼寝して」の前句に、石田三章さんが付けた「泣くまで待つと決めた家康」を掲載したところ、三章さんから、家康の性格を表現したという句「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」を下敷きにしているので、「泣」は変換ミスではないかという指摘がありました。

 締め切りに追われて、誤字脱字が多々あるこの瀾ですが、これは私がわざと変えました。あまりに原典そのままなので(本当は「家康」も言及しないで匂わせる程度にしたい)ひねってみました。「鳴」案は、前句の自堕落な人がなかなか仕事に取りかからないのを、ひたすら我慢して待つという付け方だと思いますが、「泣」案は、その人をわざとほっておいて失敗させ、後悔して泣き、改心するのを待つという、いささか陰険で意地悪な家康像です。

 毎回、何句かは、選者がいじっております。他ジャンルの文芸と比べて、連歌のいかがわしいところですが、そこがまた連歌ならではの選者の楽しみ、独りよがりの点も多いでしょうが、どうかご容赦ください。

 それでは、入選句の中から前句を選んで、七七を付けてください。

 ここで、下房桃菴先生から、ご伝言です。来年、2021年「レッツ連歌新春特集」の前句は、

  もの言わぬバーテンダーが生き字引

です。12月10日付の桃菴先生担当のレッツ連歌欄で改めてお知らせがあります。七七の付句を、早めに考えて、ふるってご応募ください。 

(島根大教授)

2020年11月26日 無断転載禁止

こども新聞